• Andy Takamura

モンテッソーリ 教具 ピンクタワー


急に寒くなってきましたが、体調を崩していませんか?

今のところ対応できているAndyです。

今日は、モンテッソーリ教具の紹介です。

英語教室 Tiny Seedを開けるにあたり、モンテッソーリ教具をそろえていくことは一つの目標でもありました。 ダーナ先生の理想のモンテッソーリ教室ということもあり、

やっぱり最初は、”ピンクタワー”でしょうということで購入です。

といいながら、あまり理解していないので今回紹介を含め調べてみました。

ピンクタワーは、ピンク色の木でできたタワーです・・・・

見たままの説明ですいません。

大きな立方体から小さい立方体があり、重さも違います。

これらを、小さい順に並べたり、大きい順番に重ねたりするそうです。

大人には簡単ですが、小さいお子様にはなかなかむずからしい作業とのことです。

基本、こんな風に、重ねたり、

おろしたりするそうです。

これはおろしているところ・・・

こんな風に、タワーを崩してしまうと、子供はどれが大きくて、どれが小さいかわからなくなってしまうそうです。

そこで、トレーニングになります。

大きい順番に、また、タワーをつくっていきます。

この時、ピンクタワーを目で見て、持って、3次元の大きさの変化を理解するそうです。 また、大きい、小さいといった数値以前の量の経験にもなるとか。

しかも、算数の十進法の理解につながるらしい・・・

そして、Tiny Seedでは、これを英語で行うため、

smaller than this や bigger than that

one, two, three......などなど

合わせて教えています。

また、積み上げてみました。

もっときれいに積んで写真撮ればよかったですね 笑

このピンクタワー

まだまだ、アレンジがきくようです。

たとえば、こんなこともやるそうです。

ピンクタワーは、美的感覚を磨いたり

手と腕の筋力運動の調整なんかにもよいそうです。

たしかに、きれいに並べるとちょっとうれしい

そして、木なので結構重たい

ピンクタワー奥が深いです。


© 2016 by 英語教室 Tiny Seed

Proudly created with Wix.com

  • Instagram